~魂をいたましむることなかれ~ 神道を浸透中!初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)の徒然ブログ。

「神道を浸透!神道の教えを広めて清清しく生きる人を増やしたい」をテーマに活動しています。

Shirasu and Ushihaku ~「シラス」と「ウシハク」~

Shirasu and Ushihaku ~「シラス」と「ウシハク」~

Hello,my name is kimie (๑′ᴗ‵๑)
I'm Japanese and I love Japan. My misson is to make Japanese Shinto popular among all over the world and contribute to bringing world peace.
So I would love to tell WHAT’S SHINTO.

This time I'd like to explain the concepts of Shirasu and Ushihaku.
Both of them are political concepts, however there are huge difference between them.

How the leader of a country should govern people?
What a leader of a country should be?

First,let's talk about the concept of Shirasu.
Shirasu is a way for a leader to govern people praying for their happiness, and truly conduct the nation keeping the peace and prosperity of the country.
So in Shirasu-geverment, the leader need to put aside his or her desires and selfish motives.

On the other hand, Ushihaku is the direct opposite concept of Shirasu. It's a way for a leader to govern people with authority and  selfish desires.
Speaking in images, slavery system is one example of Shirasu-geverment.

Japan is the oldest country in the world, persisting more than 2600 years after the Emperor Jinmu ascended the throne. And from the time of the founding, Japan has been a Shirasu-Country.
Oharaekotoba justifies this.(Oharaekotoba is a Norito (Shinto prayer) that is used in Shinto religious service)

The first part of Oharaekotoba starts like this.
"So many kami(Shinto deity) gathered at Takamanohara and after much discussion, they made one important decision.
Let Niniginomikoto (Who is a grandchild of Amaterasu) descend to Japan, Japan is a beatiful and huge rice harvest Country.
Let him Shirasu Japan. let him govern Japanese people praying for their happiness and peace…"

Niniginomikoto as described here said to be the great-grandfather of the Emperor Jinmu who founded Japan and became first tenno(Emperor) .
Thus and so Japan has been Shirasu-Country most Japanese hardly realize now.

Japan is a Shirasu-country, not Ushihaku-country.
I think we can be proud of this fact more.

~「シラス」と「ウシハク」~

こんにちは、きみえと申します。
私は日本人で、日本の神道を世界中に広め、世界平和に貢献することが使命だと思っています。

というわけで「神道とはなんぞや」を伝えたいと思っております。
今回は「シラス」と「ウシハク」という概念をご説明したいと思います。
両方とも、政治の概念なのですが両者にはとても大きな違いがあります。

一国のリーダーはどのように人々を統治するべきでしょうか?
一国のリーダーとはどう在るべきでしょうか?

まず、「シラス」について。
「シラス」というのはリーダーが人々を治めるにあたり民の幸せを祈りながら、実際にその国の平和と繁栄を維持する政治を行うやり方のことです。
よってシラス政治では、リーダーは個人の欲望や私利私欲を捨てなければなりません。

反対に「ウシハク」というのはシラスの正反対の考え方です。ウシハクはリーダーが権力と私利私欲のままに人々を統治するやり方を言います。例えば奴隷制というのがウシハク政治の一例です。

日本は世界で一番歴史のある国で、神武天皇が即位してから2600年以上続いています。
そしてその建国の時以来、日本はシラス国です。その証明の一つが大祓詞です。(大祓詞とは、神道の行事等で使われる祝詞の一つです。)

大祓詞の冒頭はこのように始まります。

「高天原に神留まり坐す 皇親神漏岐神漏美の命以て 八百万神等を神集へに集へ給ひ 神議りに議り給ひて 我皇御孫命は 豊葦原瑞穂国を 安国と平けく知食せと 事依さし奉りき

(訳)
高天原にたくさんの神様がお集まりになって、議論に議論を重ねてあるとても重要な決定をした。
アマテラスの孫であるニニギノミコトを日本に降臨させよう。
日本は稲穂が豊かに実るとても美しい国だ。
ニニギノミコトに日本を治めさせ、人々が安心して平和に暮らせるように統治をさせよう…」

ここで登場するニニギノミコトは、日本の初代天皇である神武天皇の曽祖父だとされています。このように日本はシラス国なのですがほとんどの日本人は今、それを認識していません。

日本はウシハク国ではなく、シラス国です。
この事を、もっと私達は誇りに思って良いのではないかと私は思います。

f:id:kimieru:20171105212132j:plain