~魂をいたましむることなかれ~ 神道を浸透中!初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)の徒然ブログ。

「神道を浸透!神道の教えを広めて清清しく生きる人を増やしたい」をテーマに活動しています。

What's Shinto Shrine? ~神社って何?~

What's Shinto Shrine? ~神社って何?~

Hello,my name is kimie (๑′ᴗ‵๑)
I'm Japanese and I love Japan. My misson is to make Japanese Shinto popular among all over the world and contribute to bringing peace in the world.
So I would love to tell WHAT’S SHINTO.

This time I'd like to simply explain what Shinto Shrine is.

Shinto Shrine is a man-made equipment to accept the energy of the universe and kami(Shinto deity) efficiently.
Particular kind of a medium,for example "Onnmyouji (a yin-yang master)" Put up powerful spiritual barriers all over the land,
invoke the cosmic energy and Kami, then it becomes a Shinto Shrine.
There are so many kami, multitudious kami in Japan, therefore Shinto Shrines have several kinds.
According to which energy of kami is stuffed into, the air of the Shrine is characterized.

Before going into a Shirne, we use "Temizu".
"Temizu" is a simple act of purification before approaching the main sanctuary,by purifing your hands and mouth with water.
The purpose of "Temizu" is purification to accept the energy of the universe and kami(Shinto deity) more efficiently.
Because the purer you are,the more easily you can accept the energy.

These days,a lot of people visit Shrines and pray for his or her fame and financial benefit and so on,
(I mean for example "I want to pass an exam, or I want much money, or I want my partner in life…)
it's relatively new custom and heavily affected by the Buddhism.
I think ancient people probably prayed for the prosperity of the community, peace of the world and the huge harvest. How we believe in Kami and Shinto,existence of Shinto,has been changing with the times.

こんにちは、きみえと申します。
私は日本人で、日本の神道を世界中に広め、世界平和に貢献することが使命だと思っています。
というわけで「神道とはなんぞや」を伝えたいと思っております。

今回は、「神社とは何か」ということをシンプルにお伝えします。

神社とは、人々が宇宙や神のエネルギーを効率的に受け取るために作られた人工の装置です。ある種の霊能者、例えば陰陽師などが土地の周囲に強力な霊的結界をはり、そこに宇宙や神のエネルギーを引き込んできたものが神社となるのです。
日本にはたくさんの数限りない神がいらっしゃいますので、神社にも色々種類があります。
どの神様のエネルギーが盛り込まれたかで、その神社の持つ雰囲気が特徴付けられるのです。

神社に参拝する前には「手水」を使います。
「手水」とは神社の聖域に入る前に水を使って口と手を浄化するというシンプルな行為です。「手水」の目的は宇宙と神のエネルギーをより効率的に受け取るための浄化すること。
あなたがよりピュアであればある程、エネルギーを簡単に受け取れるからです。

ここ最近では多くの人は神社に参拝すると個人の現世利益(例えば試験に受かりたい、お金が欲しい、人生のパートナーが欲しい、など)を祈るようになりましたがそれは比較的あたらしい習慣であって、仏教の影響を強く受けたものです。
古代の人々が神社で祈ったのはきっと、共同体の繁栄、世界の平和や作物の豊穣だったのだのではないかと私は思うのです。私たちの神と神道の信仰の仕方、神道のあり方というのは時代によって変化し続けているのです。

f:id:kimieru:20171103152821j:plain