~魂をいたましむることなかれ~ 神道を浸透中!初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)の徒然ブログ。

「神道を浸透!神道の教えを広めて清清しく生きる人を増やしたい」をテーマに活動しています。

【伊勢・二見】健康食の宿・岩戸館。お塩も作っているお宿です。

こんにちは、初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)です。今回のレポは、先週宿泊した伊勢の旅館・岩戸館ヾ(*´∀`*)ノ なんとも素敵な旅館でしたよ~♡早速いってみよう!

岩戸館とは、伊勢・二見にある旅館です。二見浦駅(ふたみのうらえき)から徒歩15分ほど、事前に依頼すれば二見浦駅からの送迎もお願いできるのでとてもありがたいです。この日は、夕飯にさし汐さんでうな重を頂いた後、夜八時ごろチェックイン♪すると~なんと岩戸館さんの名物・岩戸の塩を使った塩羊羹がっ!

f:id:kimieru:20170701121145j:plain

おおお~この塩羊羹、気になってたけど食べたことなかったのでうれしい(๑′ᴗ‵๑)

f:id:kimieru:20170701121227j:plain

こんな感じでもみじ型になっていて、そして金粉がのっている♪お味はというと、塩味なんだけどとてもまろやかで旨みを感じます。ほうじ茶との相性抜群。甘さも控えめだけど、塩味とのバランスがよく調和を感じる。とっても美味でした。

旅館といったらお風呂も大きなポイントですよね~♪こちらのお風呂の特徴は、「にがり」が入っているコト。岩戸館さんで名物の岩戸の塩を製塩しているので副産物としてにがりがでて、それをお風呂に使っているようです。

f:id:kimieru:20170701121552j:plain

朝六時から朝風呂にはいれますし、夜も11時まで入れるのでとってもありがたい。にがりが入ったお湯ということでとってもまろやかで体の芯まで温まる、そしてしっかり浄化されるような印象を受けました。お風呂場のアメニティにもこだわりがあり、シャンプーは石鹸シャンプーが用意されてました。なるべくお水を汚さないように、地球を汚さないように…環境負荷がなるべく少なくて済むようにという配慮がされています。私にとってはとっても共感できるチョイスでした(๑′ᴗ‵๑)

この日は早めに就寝し、翌朝の日の出を二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で迎えます。

f:id:kimieru:20170701122128j:plain

この岩戸館は、二見興玉神社までなんと徒歩1分!この時期は日の出が朝4時40分ぐらいでしたが徒歩1分で神社につけるのがとてもありがたい。二見興玉神社に参拝したい方には抜群のロケーションですヾ(*´∀`*)ノ

そして朝も6時から朝風呂に入れるので、早朝参拝で冷えた体も温めることができて至れり尽くせりでした。

そして旅館の醍醐味である朝ごはん!箸袋に「健康食の宿 岩戸館」と銘打っている…これは期待が高まります(๑′ᴗ‵๑)

f:id:kimieru:20170701122634j:plain

そして、じゃじゃ~んっ!こちらが朝食だぁヾ(*´∀`*)ノ

f:id:kimieru:20170701122958j:plain

朝からものすごいボリューム…。

f:id:kimieru:20170701123104j:plain

一押しはこちら♪ 「豆乳花」、こちらのお宿で作った豆乳を、これまたこちらのお宿で作ったにがりを入れ、そして少しごま油と塩も加えて蒸したもの。この「豆乳花」に…

f:id:kimieru:20170701123247j:plain

あられや塩こぶ、納豆、お漬物、シラス、薬味などを全部加えまして…

f:id:kimieru:20170701123401j:plain

こんな感じにトッピングして頂きます♪ これがまた美味しいのは当然なのですが、心と体に染み渡るような旨みでして、滑らかな蒸したて豆腐とトッピングとの相性が最高で心底癒される美味しさでした(๑′ᴗ‵๑)

f:id:kimieru:20170701123536j:plain

他にも凝ったものがたくさん。こちらの中央の四角いのが「サメのヒレ」ヒレというのはフカひれ的なヒレではなくてですね、伊勢志摩地方では干物のことをヒレと言うらしく、サメのヒレとはサメの干物のこと。このサメの干物は、冷めると硬くなってしまうらしく温かいうちに急いで頂きました。あっさりして美味しくてなんとも日本酒が飲みたくなる味でした(๑′ᴗ‵๑) きっとつまみにサイコーだよ、このサメのヒレ。

サメのヒレの右下にある緑の物体は、「甘めの味噌を、大葉に包んで揚げたもの」でして、これまたきっとこれも酒のつまみにサイコー!、朝から日本酒が飲みたくなる感じでしたが、流石に神社参拝前なので、朝酒は控えました(笑)

この他にも自家製おからを炊いたものとか、

f:id:kimieru:20170701124243j:plain

 野菜を蒸したのを自家製のお味噌で頂くとか

f:id:kimieru:20170701124459j:plain

ゆで卵を、岩戸館で作っている「岩戸の塩」で頂くとか

f:id:kimieru:20170701124554j:plain

他にも野菜の煮物や、ひじきの煮物など大満足!満腹!で美味しいものばっかりの朝ごはんでした♪心も体も満たされる朝食でした(๑′ᴗ‵๑)

朝ごはんを頂いた後は、こちらのお宿の製塩所に見学に行かせていただきました。

f:id:kimieru:20170701124729j:plain

こんな感じで、近くの岬から汲んできた塩水を薪で炊いて製塩しています。

f:id:kimieru:20170701124902j:plain

二見の海から海水を組んできて、薪で煮詰めて製塩する。時期にもよりますが、1.2トンの海水から20キロぐらいしか出来ないそうです。
海水の取水場所も、海水の質が綺麗である場所であることはもちろん、山の山水が流れ込む場所だそうで。職人さん曰く「海のミネラルだけではなく、山からの栄養が入ってることが大切。人間は、海だけでも山だけでもダメなんだ」とのお言葉に感動しました!
そして海水の取水場所だけでなく取水するタイミングも大切なんだとか。この岩戸館の製塩現場、四年ほど前に一度だけ行ったことがあるのですが私の顔を覚えていて下さったらしく「前にもいらしたことがありますよね?」と。四年も前のことなのに覚えていて下さってびっくりしました。

こうやって実際にお塩を作っている現場を拝見して、「もっとお塩を大切にしよう、お塩を大切に味わおう」と思えるのも岩戸館さんに宿泊するときの醍醐味の一つですね♪

岩戸館さんは、建物自体はだいぶ昔に建てられたままだと思うのですが、客室も浴室も館内もお手入れが行き届いていてとても清潔で落ち着いた雰囲気で一泊二日を過ごさせていただきました(๑′ᴗ‵๑) また絶対に泊まりに来たいと思います♪

岩戸館さん、伊勢でよい旅館をお探しの方や二見興玉神社にゆっくり参拝したい方にぜひぜひお勧めですヾ(*´∀`*)ノ 

岩戸館HP:

伊勢志摩 みそぎの町二見浦の塩結びの宿 岩戸館