~魂をいたましむることなかれ~ 神道を浸透中!初瀬保 公映(はつせほ・きみえ)の徒然ブログ。

「神道を浸透!神道の教えを広めて清清しく生きる人を増やしたい」をテーマに活動しています。

【和歌山・新宮】徐福のサンマ寿司

こんにちは!初瀬保公映(はつせほ・きみえ)です(๑′ᴗ‵๑) 今回も引き続き和歌山は新宮の美味しいものレポをば。今回はじゃじゃーんっ、知る人ぞ知る新宮名物・徐福寿司!

f:id:kimieru:20161213085126j:image

新宮駅の改札を出てすぐ、ロータリーの目の前に徐福駅前店があります。徐福というのは実在する(であろう)人物のお名前。司馬遷史記によると…

秦の始皇帝に、「東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持って、東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかった…参照:wikipedia「徐福」

新宮・熊野あたりは徐福伝説が数多く残っている徐福ゆかりの土地なのです。そんな徐福さんの名を冠する徐福寿司の名物がこちら、「さんま寿司」。

f:id:kimieru:20161213085140j:image

伝わりますでしょうか?こちら、お店の正面に堂々と、そしてデカデカとさんま寿司食品サンプル(というサイズではないかな、もっと巨大です笑)が掲げられているのです。さんま寿司自体は、昔はこの地方では一般家庭でも作られていたそうな。私のおばあちゃんもお家で沢山しこんでいたそうな。そんな家庭料理だったようです(๑′ᴗ‵๑)

f:id:kimieru:20161213085204j:image

お店の中ではイートインもできるのですが、今回は持ち帰りました。ちなみに郵送もできるので遠方の方もお楽しみいただけますよ♪

で、そのお味はというと…んんん~美味じゃっヾ(*´∀`*)ノ 程よく脂ののった秋刀魚がしっとりと甘酢締めにされていてそれがバランスのよい酢飯にしっかりと乗せられておる…なんたる絶妙なさじ加減なのかしら。さんま寿司以外にもいろんなお寿司がありまして、写真にてさんま寿司の後ろに映っているのは「昆布寿司」。甘く炊いた牛蒡とかんぴょうを酢飯で包み、それをまた炊いた昆布で巻いているこちらのお寿司も…んんん~絶妙なバランスで絶品♪ はー、これまたさんま寿司も昆布寿司も日本酒に合いますのぉ(๑′ᴗ‵๑)

ほかにも特製玉子巻きや、熊野牛をつかった巻き寿司など絶品お寿司が勢ぞろいな徐福寿司さん。昔は新宮では、子供達の遠足や運動会のときには徐福のお寿司が定番だったそうです。そんな地元の人に深く愛される徐福寿司。我が家もお祝い事や年末などに母がお取り寄せしてくれることが多いです♪お店で出来立てを頂くのも美味ですし、遠方でもお取り寄せできるのがありがたい、ピンと来た方、ぜひお試しあれヾ(*´∀`*)ノ

 

◆お店のURL:さんま寿司の徐福寿司

◆アクセス:新宮駅から徒歩30秒