読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊穣の天使・キミエルの美味しいものブログ♡

「神道を浸透!」をテーマに本氣の神社ツアーや、祝詞勉強会、勾玉セラピストの養成をしています。美味しいものに恵まれているので、「日々頂いた美味しいもの♪」についてこちらのブログにまとめていきます。「神道を浸透!」ブログはこちら(๑′ᴗ‵๑) http://misumaru0069.com/

【西荻窪】ゆきすきのくにの薬膳カレー♪

こんにちは(๑′ᴗ‵๑) 初瀬保公映(はつせほ・きみえ)です。
美味しいものに恵まれる才能を生かして、日々ご縁を頂いた美味しいものをUPするブログを始めました。どうぞよろしくお願い申し上げます!
 
記念すべき第1回目の記事はこちら♪
西荻窪にある「ゆきすきのくに」さんのレポです。

西荻窪駅北口から徒歩3分ほどのところにある超こだわりの薬膳カレーのお店。

f:id:kimieru:20161029231523j:plain

メニューはこんな感じ。オーガニック薬膳カレー、1800円が看板メニューの模様。

f:id:kimieru:20161029231602j:plain

お店全体(正確には建物全体)が電磁波フリー、アースしているつくりだそうでして
お店にはいるとエネルギーがとても軽く心地よい空間です。
今回は「オススメをいい感じで!」というオーダーでまずはスープを頂きました(๑′ᴗ‵๑)

f:id:kimieru:20161029231917j:plain

こちら、さつまいものポタージュスープにシナモンパウダー、そして良質のオイルをかけてサーブ。ポタージュにシナモン…意外すぎる組み合わせですがこれがとてもマッチしておいしい♡ お野菜も全体的にこだわりのお店で、基本的に全て無農薬・オーガニックが当たり前。丁寧に作られたことがわかるスープで頂くと体に軸が通るようなありがたいお味でした。

続いて前菜盛り合わせ。

f:id:kimieru:20161029232131j:plain

中央から時計回りに、ポテトサラダ・ナスとピーマンの炒め物・ダンドリー牛蒡・ビーツの炊いたん・人参のナムル。どれもパワフルなお味で美味しかったです。特にダンドリー牛蒡には度肝を抜かれました…。ぱっと見ると「人参??」と思いきや、ダンドリーな牛蒡。歯ごたえは牛蒡なんだけど、不思議な風味でとても斬新。おいしかった~♪

そしてメインの薬膳カレー。

f:id:kimieru:20161029232439j:plain

白いご飯と、ターメリックライスが雪だるまのように上下に丸く盛られていて、そこに薬膳カレーがかかり、更にソテーしたお野菜が載っています。薬膳カレーにはギーがたっぷり入っているそうな(๑′ᴗ‵๑)

食べるときに「一番最初に感じた味と、食べ終わったときに感じた味を覚えていてください、それで今日の体調がわかります。」と教えていただき、心して味わって頂きました。私の場合、「最初はどれが強いともなくバランスが取れている、食べ終わりはちょっと苦味を感じた」旨をお伝えすると、心臓が疲れている。ということを教えていただきました。スパイスがたっぷり入っているので五味の感じ方で体調がわかるそうです。そんな診断してくれるカレー屋さん初めてですヾ(*´∀`*)ノ 面白いですな♪ 今回はオールベジの薬膳カレーを頂いたのですが、うまみ・バランスがよくものすごい満足感でした。そしてスパイスがふんだんに使われているので食べ終わると手足の先まで温まる感じ。流石、「薬膳」カレーですな。インド料理やさんのカレーとは一味も二味も違う…。

写真を撮り忘れてしまったのですが、デザートプレートも出していただきました。北海道に自生する野種の林檎をつかったアップルパイ・ズッキーニのケーキ・人参のケーキ・紫芋の羊羹・ドライフルーツをふんだんにつかった手作りチョコ。のプレートでした。どれも色んな味覚が刺激されて美味しかったのですが、一番のお気に入りは「ドライフルーツを使った手作りチョコ」。砂糖不使用なのですが、濃厚で自然な甘さで美味でした。

全体的に体にスッと芯がとおる素晴らしいお料理でした。本当に素敵なお店にであってしまった!と心から感謝です。お料理をつくってくださる店長の女性が井戸さんとおっしゃるのですが、さらっとすごいコトをおっしゃっる…その連発で「…彼女は何者なんだろう…??」と謎が深まりました。井戸さんは色んなイベントも企画されているようなので、こちらも参加してみたいと思っています。

こちらのお店・ゆきすきのくにさんは本当に素敵な、そして何度も通いたくなる不思議な魅力あふれるお店です。ぜひ、薬膳カレー&デザート、召し上がってみてくださいな(๑′ᴗ‵๑)♡

 

◆お店情報まとめ
店名:ゆきすきのくに
最寄り駅:JR西荻窪駅 北口徒歩3分
URL:http://www.yukisukinokuni.jp/index.html